治療にも使われる | 皮膚や肌の悩みは美容外科やクリニックで解消する

皮膚や肌の悩みは美容外科やクリニックで解消する

治療にも使われる

ヒアルロン酸は、食品や化粧品・サプリメントから補うことが出来ますが、クリニックで治療の一つとしても使われています。
ヒアルロン酸注射を打つことによって、関節の痛みの緩和・炎症の抑制、また関節の動きをスムーズにする効果が期待出来ます。
関節内注射とも呼ばれていますが、中高年や高齢者に、この治療が行われています。
膝のヒアルロン酸濃度が減少して、弾力性がなくなることで、軟骨がすり減り痛みが発生してしまいます。
その痛みを軽減するために、直接注射を打って補うのです。
短期的な効果ではありますが、日常生活を楽に過ごすことが出来るようになります。

美容外科でも、ヒアルロン酸注射が人気の施術となっています。
美容外科で行われているのは、痛みの軽減ではなく、ほうれい線のようなシワにアプローチするものです。
顔の皮膚は薄く、その部分のシワに直接注射を行って、シワ改善やリフトアップを行っていきます。
ほうれい線が気にならなくなることで、印象も若々しくなります。
他にも、目の下のクマの部分や、額・目尻のシワといった部分にヒアルロン酸を注射していく施術方法があります。
また、加齢による悩みだけでなく、いまはプチ整形にもヒアルロン酸が活躍しています。
鼻や唇に注射することで、鼻は立体感が出て整い、唇も厚みが出て女性らしくなります。
胸の大きさに悩んでいる人に対して、豊胸のためにヒアルロン酸を使うこともあります。
美容外科では、多くの施術にヒアルロン酸が使われています。