ヒアルロン酸とは何か | 皮膚や肌の悩みは美容外科やクリニックで解消する

皮膚や肌の悩みは美容外科やクリニックで解消する

ヒアルロン酸とは何か

ヒアルロン酸は、体の中で作られる成分ですが、年齢とともにどんどん減っていってしまいます。
その影響で、年を重ねると肌の保水力や弾力性が低下してしまいます。
保湿力が低下することによって、シミやシワといった悩みに発展してしまいます。
肌だけではなく、体の中でも腰痛や関節のふしぶしの痛み・目に関していえばドライアイや老眼といった様々な影響が現れてきます。
ヒアルロン酸が、体の中でかなり重要な成分とも言えます。
ヒアルロン酸が体の中で最も多いのは、胎児のときで、それからは減少していくだけになります。
食品やサプリメントで補うことが出来るので、積極的に摂って健康を維持しましょう。

ヒアルロン酸の特徴として、保水力が高いという面です。
1グラムのヒアルロン酸は、6リットルの水に対する保水力があるとされています。
水分を多く含んだヒアルロン酸は、かなり粘弾性が高くなるため、細胞と細胞が傷つけあうのを防止します。
また、ねっとりとした性質が、細菌の侵入も防いでくれるのです。
この性質が、目に対して水分を保つ働き、関節に対してスムーズに動かせる働き・肌の保湿力を保つ働きに役立っています。

ヒアルロン酸は、グルコサミンによって生成されるものです。
D-グルクロン酸と、N-アセチルグルコサミンが交互に結合した多糖類と呼ばれるものになります。
学術上では、ヒアルロナンという名前で呼ばれていて、分子量がかなり大きい化合物となります。
真皮に多くのヒアルロン酸が含まれていて、細胞を守る働きをしてくれています。